<< 株式会社リトルグローブの「ヤギと男と男と壁と」 | main | 株式会社リトルグローブの「 ボローニャの夕暮れ 」  >>

スポンサーサイト

0
    • 2011.07.02 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    株式会社リトルグローブの「魔法使いの弟子」

    0
      お勧め映画の解説をする株式会社リトルグローブです。
      株式会社リトルグローブの今回のお勧め映画は「魔法使いの弟子」です。
      内容。
      今は亡き偉大なる魔法使いマーリンの弟子で、善なる魔法使い“マーリニアンズ”を率いる第777代目の最高指導者バルサザール(ニコラス・ケイジ)は一千年近くの間、マーリンの後継者を探して世界中を旅していた。
      現代のニューヨークで、バルサザールはついにその“選ばれし者”を見つける。
      しかしその男デイヴ(ジェイ・バルチェル)は、物理学には強いが、ケンカひとつしたことない気弱な大学生だった。
      突然のできごとに混乱するデイヴの意志をよそに、バルサザールは彼を自分の弟子とし、魔法の技と美学を教えようとする。
      そのころ、人形の形の“魔法の監獄”に封じ込められていた邪悪なる魔法使い“モルガニアンズ”が、次々と甦ろうとしていた。
      バルサザールの宿敵マクシム・ホルヴァート、巨大な竜を操るサン・ロック、17世紀の少女の魔女アビゲイル・ウィリアムスらは、史上最悪の女魔法使いモルガナ・ル・フェイ(モニカ・ベルッチ)を蘇らせるために暗躍し始める。
      それを阻止するには、デイヴに秘められた“謎の力”が覚醒しなければならない。
      しかしデイヴは魔法使いとしては未熟で、さらに魔法使いの弟子としての自覚がまったくなかった。
      モルガニアンズが勢力を拡大するなか、バルサザールとデイヴは彼らの陰謀を阻止することができるのか?
      解説
      「ナショナル・トレジャー」シリーズの製作ジェリー・ブラッカイマー、監督ジョン・タートルトーブ、主演ニコラス・ケイジによるファンタジー・アクション。
      現代のニューヨークを舞台に、魔法大戦争に巻き込まれた青年の成長を描く。
      他の出演は、「ファンボーイズ」のジェイ・バルチェル、「マレーナ」のモニカ・ベルッチ。
      ホームページより抜粋

      スポンサーサイト

      0
        • 2011.07.02 Saturday
        • -
        • 13:47
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        • 株式会社リトルグローブの大好きなカルト作品
          AtoZ (08/26)
        • 株式会社リトルグローブと「プリンセスと魔法のキス」
          XRR (03/25)
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM